爆弾低気圧と人生初の土嚢

s_IMG_20151009_090531

 初雪を伴った低気圧の余波で、昨日の野付半島は晴れ間もうかがえるものの、強風で野付湾内にも白波が立っているほどでした。大波の合間から、オオハクチョウが餌をついばんでいる姿がセンター2階から見られました。その後、道路が通行止めとなり、センターは臨時休館になりました。

 低気圧といえば、今月初頭の爆弾低気圧の威力は凄まじいものがありました。トドワラから木道を歩いて桟橋に向かう途中にある、短い「トド橋」をご存知でしょうか? その橋の両端にある階段部分の土が大波に洗われて流出したため、人生で初めて土嚢を作り、橋を少しでも安全に渡られるように応急処置をしました。

 災害現場をテレビで視聴する時は他人事でしたが、土嚢を作って運ぶことが如何に大変なのか、身をもって知りました。また、頑張って土嚢を積んだトド橋が、今年の木道撤去工事で取り壊しになると聞き、残念に思う今日この頃です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る